コトコトと豆を煮てみませんか

乾物の豆を自宅で煮ることはどのくらいありますか? 
「一晩水にさらして◯時間煮る」などと袋に書いてあるのを見ると億劫に思うのも当然です。

でも、豆を煮るのは案外簡単なのですよ! 
確かに水にさらすのに数時間かかりますので、思いついたらすぐ煮るということは出来ません。

でも、豆にシワがなくなるまでしっかり吸水させると煮えるのも早いのです。
乾燥豆は非常食としても常備しておきたいものですが、新鮮な豆ほど柔らかくなるのも早いので、あまり古くなる前に使うとよいでしょう。

実は、しっかり吸水させておけば予熱を利用することで、長い時間煮なくても火が通るのですよ! 

豆は種類もたくさんあり、洋食にも和食にもレシピが豊富な食材です。
食事の素材にもお菓子の材料にもなります。
煮た豆は煮汁ごと小分けにして冷凍しておくこともできます。
ありあわせの野菜やピクルスと合わせてドレッシングで和えたサラダは、健康を気遣う主婦のヘルシーランチメニューにもぴったりです。